お酢と生姜でポッカポカダイエット始めましょう

実りの秋です!!食べ物がおいしい季節になりました。

夏バテしていた胃も活力を取り戻し『おやおや?最近太ったかしら・・・』なんて思っても、なかなか食事制限はしづらいものですよね。




そんな秋におススメの「ぽかぽかダイエット」 お酢と生姜の作用で体を温めて代謝を上げ、なおかつ「ホッ」っと出来てしまうお気軽ダイエットを始めてみませんか?

お酢は新陳代謝を活発にしてくれる作用とカロリーの消費を高めてくれる効果、さらに脂肪燃焼効果があります。

また生姜に含まれる「ショウガオール」という栄養素、これは体を温めたり、発汗作用があったり、新陳代謝を高めたり、その上血液までサラサラにしてくれる効果があります。

酢と生姜を同時に摂取する

これを同時に摂取すれば、ダイエット効果がグイッと上がると言われています。同時に摂取する方法はいくつかあります。

ご紹介しましょう。

方法

・酢と生姜のエキスを濃縮しカプセルになったものを飲む。
・ショウガの酢漬けをバリバリ食べる。
・ショウガ酢を自分で作る。

摂取の仕方は人それぞれですが、私の一番のお勧めは「ショウガ酢を自分で作る」というものです。
ここではそれを紹介しようと思います。

ダイエットにはそれほどお金をかけたくないですし、簡単に摂取でき、楽しみながらできるのが気楽でいいと思います。

先ずは、ショウガ酢の作り方を紹介しておきますね!!

材料

酢・・・300cc
ショウガ・・・100g
はちみつ・・・大さじ2

作り方

①ショウガをすりおろします。
② ①をレンジで1分加熱します。
③ ②に酢とはちみつを混ぜ密封容器に入れます。

*その日から飲めます。
冷蔵庫に入れておくと1か月くらいは大丈夫です。

はちみつショウガ酢は一日大さじ2杯づつ飲みます。
酢はそのそのままでは飲みにくいうえ、胃も痛めますので、必ず何かで割って飲んでください。

私は、水や牛乳、お湯割りなどでいただきます。
ショウガ酢大さじ2杯ぐらいに対し、150CCほど他のものを加えて薄めています。

夏の暑い時期はグイッと水で割って飲みます。

少し栄養を追加したいときは牛乳で!
(牛乳で割ると、どろっとしてちょっと分離したヨーグルトっぽい感じ、酸味は和らぎます。)

そして今からの季節のお気に入りはお湯ですね。

お湯で割ってゆっくり飲むと、なんだか少し豊かな時間・・・ホッと一息、リラックスできます。

ダイエットの為にこのようなドリンクをいつ飲むのがベストかと言いますと、食事の10分程前が一番効果的なタイミングです。

食事前に飲むと、ショウガ酢効果で体脂肪が減るからです。

私も実践しています。
何ということでしょう飲み始めて1週間で体脂肪が3減りました。

もともとメタボな数値だったのでスルスルと落ちやすいのかもしれませんが、驚きでした!!

ショウガオールは酢に溶けると体に吸収しやすくなり、飲んで10分ぐらいしますと体がポカポカしてきます。
代謝が上がってきているのを実感し、ちょっと効果を期待する瞬間です。

ダイエットを続ける秘訣は、効果の予感と手ごたえを感じることが大切だと思っています。

私は今で3か月、体重も体脂肪も自分の目標にあと少しのところまで来ています。
多少の停滞期はありましたが、ショウガ酢づくりには、そうお金もかかりませんでしたので、のんびり続けることができました。

基本は上記に記したレシピですが、多少、味の変化も試してみたりして酢の種類を変えてみたり、黒糖をプラスしてビタミンやミネラルも同時に摂取しようと試みたり、自分なりに好みの味を追及したりして楽しむこともできます。

ダイエットの他にも、疲れたとき寝る前に飲むと翌朝疲れがとれたり、酢は口臭の予防にも効果的と言われています。

健康に導いてくれる「ショウガ酢」是非一度お試しください。

お酢でスリムになりましょう

酢でダイエット効果が期待できるという話はきっとみなさんも一度は耳にしたことがあると思います。

酢には酢酸によるエネルギー燃焼やアミノ酸による脂肪消費、そして抗菌効果による便秘解消などダイエットに役立つ様々な効果があります。

今回は酢の中でも特にダイエット効果が高いと言われる黒酢りんご酢に焦点を合わせてみようと思います。

黒酢

まず黒酢は大変美容効果が高いとして注目されています。
種類としては米酢の仲間で主に玄米を主原料に作られています。

製造日数も穀物酢が3か月程で完成するのに比べ、黒酢は完成までに1年~3年という長い年月がかかります。

それは製造過程において、壺(ツボ)の中で長時間熟成し発酵させる必要があるからなのですが、その工程によりアミノ酸を豊富に含むことが出来るのです。

黒酢ダイエットはまず一日30ミリ程度を食後に飲む事から始めます。
より高い効果を得るには有酸素運動をする前やその途中で飲むことが良いとされています。

黒酢には必須アミノ酸も沢山含まれており、その必須アミノ酸のなかでも特にバリン・ロイシン・イソロイシンと呼ばれるもの(BCAA)が脂肪を燃焼して筋肉を増強する働きをしてくれます。

更に黒酢に含まれるクエン酸にも脂肪を燃焼する働きがあります。

総合的においても黒酢ダイエットとはコレステロールを下げ、疲労回復・新陳代謝を良くする効果もあり健康をモットーにダイエットするには最適な方法と言えます。

注意点としてはダイエット効果を高めようとして一日の摂取量をオーバーしないことです。

また、希釈せずストレートで飲むと腹痛や胸焼けを引き起こし高濃度のものは中毒になる可能性もあります。

個人差もありますが便秘の解消が大きく改善されることからその点を考慮しても必要以上の飲用は避けなければいけません。

りんご酢

次はりんご酢についてです。
アップルビネガーと呼ばれるりんご酢は、りんご果汁に酵母を加えてできたりんご酒に酢酸菌を加え更に発酵させたものです。

一般的に大抵の酢はツンとする独特の匂いがありますがりんご酢は果実から作られている為、特徴としてはマイルドな香りと飲み易い点があります。

毎日続ける事で得られる美容効果ですのでこういった特徴は大きな利点であるといえます。

飲み方としては一日30ミリ程度を水で5、6倍に希釈した物を食後に飲みます。

効果としてはアミノ酸による脂肪代謝や利尿作用、便秘解消や血糖値上昇の緩和、クエン酸による新陳代謝の促進や肩こりの緩和、口臭予防や疲労回復など数多く挙げられます。

特に豊富な有機酸(酢酸・クエン酸・リンゴ酸・コハク酸等)が腸内の悪玉菌を減らす役目をしてくれるので整腸作用にも優れています。

りんごにはアップルペクチンという成分が含まれています。
ペクチンは食物繊維の一種で腸のぜん動運動を活発にします。

更に腸の中のビフィズス菌や善玉コレステロールを増やし、悪玉コレステロールを減らす仕事もします。

更に注目すべきは豊富なミネラル類です。
カリウムは体の中にたまった塩分を排泄してくれるので、利尿作用がありむくみ対策や高血圧予防にも良いとされています。

摂取方法としてはサワードリンクにしたりヨーグルトを入れたデザートとしても美味しく頂けます。

注意点は他の酢よりりんご酢はカロリーが高めにできていることと、体に入れたからと言って
すぐに痩せる効果が出るわけではないことです。

コツコツと毎日続けていくことが秘訣です。

そしてこれはどの酢でも言えることですが防腐剤や酸化防止剤など食品添加物の入っていないものを選びましょう。
ダイエット効果のみでなく健康効果も期待できなくなります。

このように酢によって健康・美容効果をより高めるには摂取量や使用法を守り、日々継続していくことがより大切と言えるでしょう。




コメントは受け付けていません。