男性のお酢が苦手な理由

男性は酸っぱいものは苦手というのは聞いた事があるかと思いますが、酸っぱいものが好きな人から言わせてもらうと、なぜ男性は酸っぱいものが苦手なのでしょうか。

元々、お酢やレモン、梅干などの酸っぱいものはクエン酸で疲労回復効果などがあります。

その他にも血糖値の上昇を穏やかにしたり、下げる働きや血圧やコレストロール値を下げる効果も期待されております。




その中でも血糖値に関しては、通常食後は血糖値が上がる状態になります。

その時、ご飯とお酢と一緒に摂取することで、食後に興奮効果のあるインスリンが大量に分泌されることにより、人間の体の臓器の中でも特に重要な役割を果たす膵臓を疲れさせてしまいます。

このことから、血糖値を下げる効果があると言われております。

また、血圧を下げる効果もあるお酢には、大さじ1杯の酢の摂取で酢の主成分である酢酸の働きが血管を広げ、血の流れが良くするために血圧が下がる効果があります。

男性のライフワーク

お酢の摂取により、これらのことを成人男性のライフワークに例えるならば、仕事をする上で、お酢の摂取で穏やか体を作ることは、仕事をしにくくなってしまいます。

さらには、男性が狩をしていた太古の時代には、生死を賭けて獲物を捕らえなければいけませんでした。

狩の前に食事でエネルギーを燃やす準備を整えるものの、食事で一緒にお酢の摂取をすることで血糖値が上がらないと狩が出来ないので現在の男性にもその名残で、酸味を好まない傾向があると言われております。

また男性は、仕事のお付き合いでお酒を飲む機会が多いです。

お刺身や一品料理などお酒のつまみになるものを好むため、お酢を使う料理はライフワークの中で、なかなか摂取をする機会が少ないです。

肉体労働を伴う仕事をしている男性は、汗で失った塩分を補うために、肉やラーメン、どんぶりなど濃い味付けやハイカロリーの食事を好むので、お酢を使う料理は体が必要としないため、摂取をしにくいと言えるかもしれません。

その他お料理の中で、味付けでお酢を使うレシピは他の調味料に比べ非常に少なく、意識をしないと食事から摂取をすることが難しい調味料になります。

お酢はそのような調味料のため、一般的に女性よりも料理をする機会が少ない男性は、お酢を使う料理を作ることも、食べることも少ないので、食わず嫌いの調味料と思われていることも多いのです。

このように、男性そもそもの体の作りや、ライフワークからお酢を摂取することが少ないため、男性はお酢が苦手であるという過程が言えるのかもしれません。

しかし、お酢は疲労回復効果やダイエット効果など体に良い成分がたくさん含まれていますから、体のことを考えて、苦手でもぜひ摂取することをお勧めします。




コメントは受け付けていません。