妊婦さんはお酢を摂ってはいけない?!

女性が妊娠をすると、急にスッパイ物が食べたくなる、と言う話を聞きます。

また、妊娠をするとそれまで大好きだったものが急に食べられなくなったり、 食べたくなくなったり、今まで好んではいなかった物を急に食べたくなったりと 食の好みが変わることがよくあるそうでうす。

また母子の体を考えて、意識をして摂取したほうが良い食材や 反対に控えたほうが良い食材というのもあります。

アルコール

その中でも妊娠中の「アルコール」というのは、 出来るだけ避けたい物の1つだと言われております。

では、なぜアルコールの摂取を控えた方が良いのでしょうか。

お腹の赤ちゃんは、母体で成長をしていく段階で 母親が摂取した全てを栄養素として取り入れます。

そのため、母親がアルコールを摂取すれば赤ちゃんもアルコールを摂取をすることになりますから、 妊婦さんはアルコールは控える事が望ましいと言わます。

アルコールとお酢

しかし、アルコールというのは、お酒だけではなく食生活の中でも密かに多くの物に使われています。

例えば、酸っぱいものを好み始める妊婦さんにとって、 お酢も好んで摂取する可能性があります。

お酢の成分は、一体どのようなものなのでしょうか。

そもそもお酢には、玄米やもち米で作られる黒酢や米酢などを総称する穀物酢や、 ドレッシングでも使われるバルサミコ酢、 お酒で知られるワインビネガーなど、ぶどうが主成分である果実酢、 黒麹酢で作られるもろみ酢など色々な種類があります。

家庭でも良く常備して使う頻度の多い穀物酢には、 商品の成分表のラベルを見てみると、アルコールの表記があります。

穀物酢にあるアルコール表記に基づくのならば、 摂取も控えた方がよいと言えるかもしれません。

しかし、お酢はお酢の製造過程でアルコールを酢酸菌により酢酸醗酵をさせて、 お酢の主成分である酢酸を作るため、お酢として摂取する段階ではアルコールの濃度というのは含まれてません。

このため、妊婦さんは商品表記のアルコールというのは気にせず、 お酢の摂取をしても問題は無いと言うことになります。

でも、お酢の過剰摂取は避けるべき

お酢はつんとした独特のにおいや味覚などで神経の刺激を活発化させ、 唾液や胃液の分泌も促進されます。

食欲増進や、消化吸収、 腸の活動や新陳代謝を高めたりする効果から排泄作用を高める効果があります。

排泄作用が高まると、流産の危険につながる可能性があることや 母体についてのデーターは、まだまだ不十分なことから お酢の過剰摂取は避けるべき食材であると言われております。

このように妊婦さんの食材摂取には、色々と良し悪しが言われております。

お酢以外でも過剰摂取はいけませんね。

コメントは受け付けていません。