急にでなくなっちゃった!?産後に起こる頑固な便秘に勝つ方法!

産後によく便秘やむくみの症状を訴える人が多いようです。お産直後はあかちゃんのお世話で寝不足になります。胃腸は夜寝ている時に休まる臓器なので寝不足だと胃腸トラブルに直結してしまいますし、さらに日中もあかちゃんから目が離せないのでゆっくりトイレに・・・なんて時間もありません。気がつくと一週間以上も便通がなかった!?なんてことも。

胃腸は寝不足・ストレスに大変弱い臓器ですのでそうした理由から便秘になるのではないでしょうか?

便秘によって起こる悪循環

便秘によって体のむくみ、肌荒れ、肩こり、腰痛など様々な体の不調が起こります。老廃物を外にだせない事は肥満の原因にもなりますし、場合によっては痔や大腸の病気にまで進行してしまうこともあるそうです。実は放っておくと怖い、便秘は体からの大事なサインなのです。

産後の便秘には最低2ℓの水を!

便秘を予防する上で重要なのは水分を取る事、食事の改善、良質な睡眠です。

お産直後は良質な睡眠を取ることは難しいですから、水分と食事を考えていきましょう。

朝起きた後すぐにコップ一杯の水・・・は有名ですが、正直それすら難しいかもしれません。しかし便通を良くするには水分は絶対欠かせないものなので、日頃からこまめに摂取するようにしましょう。特に母乳であかちゃんを育てている人は水がとても大事です。母乳を出すために必要な水の摂取量は1ℓと言われています。おかあさんの体内から水分という水分をおっぱいとしてあかちゃんに飲ませるわけですから、水はしっかり摂取しないと母体の水分はカラカラになってしまいます。

人に必要な水の摂取量を合わせて考えると、一日2ℓの水は最低でも飲んだ方がよいそうです。一日2ℓって大きなペットボトル1本なので想像するときつそうですが、あかちゃんの為にもご自身の為にも是非頑張って飲んでみてください。

お水だけだと飲むのが辛い人は、黒酢やはちみつをお水に少し入れるとよいでしょう。黒酢も便通を良くしてくれるのでさらに効果アップと期待もできそうです。

便秘を解消する食べ物

一般的にはバナナやヨーグルト、お芋など食物繊維が豊富に入っているものがよいと言われています。プルーンもお薦めです。おやつがわりに1日4~5個食べているといつの間にか便秘体質が改善する人もいます。一度試してみてください。

コメントは受け付けていません。