秋から冬にかけてのスキンケア

綺麗な肌になりた~い!!

そんなあなたには黒酢をどうぞ。

酢が美容に良いことは、すでに有名ですよね。でも、その理由までは知らない、という人は多いのではないでしょうか。

さあ、これを読んで誰もが羨むツヤツヤの肌を手に入れましょう。

肌の大敵、紫外線

現在では信じられませんが、以前は適度な日焼けは肌にいいと推進されていました。

ところが90年代に入る頃には、紫外線は皮ふや体に悪影響を及ぼすと科学的に証明され、いまでは母子手帳からも日光浴に関する項目が消されました。

恐ろしいことに、紫外線はシミ・ソバカスを増加させたり、肌の保湿機能を低下させます。

そのため、美容に敏感な女性たちは少しでも浴びる紫外線を減らそうと、日傘や日焼け止めを利用するようになりました。

紫外線と言っても、実はいくつか種類があります。
皮ふ癌や、白内障、肌ダメージなどは、紫外線Bというものがほとんど引き起こしています。

日焼けのダメージは秋冬に現れる

浴びなければいいとわかっていても、天から降り注いでくる紫外線を完全に避けることは不可能ですよね。

紫外線は真夏に一番多いのですが、実は春から秋にかけても常に多めに降り注いでいます。なので、真夏だけでなく、日焼け対策は春から秋までやるのが効果的です。

そして、春から秋まで紫外線を浴びた肌のダメージは、秋から冬の乾燥したシーズンに現れてきます。
なので、ダメージをなるべく阻止したいのならば、肌を徹底的に保湿することが効果的です。

保湿をしっかりするためには、自分にあった優れた保湿アイテムを見つけなくてはなりません。

お酢の美容効果

そこで、肌に優しい天然素材でできている酢を使ったスキンケアに熱い視線が注がれるようになりました。

酢には酢酸という強力な殺菌作用を持つ成分が含まれています。
この酢酸が肌の雑菌を除去し、皮脂の分泌を正常にしてくれるのです。

そして、酢酸は体内でクエン酸に変わります。
このクエン酸には便秘を改善する効果があります。

便秘になると、腸の中で便の腐敗が進み毒素が発生し、そのせいで血液の循環が悪くなります。
すると、肌に栄養や酸素が行き渡らなくなるため、肌の新陳代謝が悪くなってしまい、くすみやシミができてしまいます。

クエン酸は、そうした悪循環を阻止して美肌に導いてくれるのです。

美肌効果NO.1は黒酢

酢の中でも、特に黒酢は美容効果が高いとされています。
それは、黒酢には、ほかの酢よりも豊富なアミノ酸が含まれているからです。

アミノ酸にはたんぱく質の合成を促す働きがある、システイン・メチオニンという成分が含まれています。
この成分は皮ふを修復し、健康な肌を作り出します。

またアミノ酸自身にも、肌を美しくしてくれる効果があります。加齢などによる肌の乾燥を補う働きがあるのです。

みずみずしい肌は、皮ふの一番外側にある角質層が外気から水分を守ることによって維持されています。

その角質層で活躍しているのが、NMF(天然保湿因子)というものです。
このNMFは水分になじみやすく、なじんだ水分を逃さない性質があります。

そんな大切なNMFですが、なんと全体の40%がアミノ酸でできています。

このように黒酢には、酢酸、アミノ酸、クエン酸、NMFと、4つの美肌効果が詰まっているのです。
それゆえ、黒酢を摂り入れることで素晴らしい肌が手に入るのです。

コメントは受け付けていません。