お酢のレシピ~フィリピン料理のアドボ~

酢を使った料理はこの世に無限と言ってもいいほどに存在します。
なます、酢の物、酢豚、魚の南蛮漬け、マリネ、エトセトラエトセトラ。

酢を使った簡単な料理と言えば茗荷の甘酢漬けだったり、デザートビネガーを使った夏場にぴったりのサワードリンク等があります。

今回はそのどれとも違う異国の料理をご紹介したいと思います。

アドボの作り方

今回ご紹介するのはアドボというフィリピンの代表的な煮込み料理です。

アドボとはフィリピンの料理ではあるのですが、実はスペインから伝わった料理でその意味はスペイン語でマリネと同様「漬け込む、漬ける」を意味しています。

アドボは酢の酸味と醤油の風味がマッチした美味しい煮込み料理です。

しかも煮込み料理とは言ってもそんなに難しいわけではなく本当に簡単に出来てしまいます。
そんなフィリピンの魅力的なソウルフード・アドボのレシピを紹介します。

用意する食材

・鶏手羽  十五本程度(鶏肉は骨付きの物を使うと美味しく仕上がります)
・醤油   大さじ三
・酢    大さじ三
・砂糖   大さじ一杯半程度
・ニンニク 三片程度
・ローリエ 二枚
・水    百cc

作り方

1.鶏手羽肉をタッパーやジップロック等に入れて醤油と酢と潰したニンニクとローリエを入れて五時間~一晩程漬け込む。

2.漬け終ったら1の材料を全て鍋に入れ、水と砂糖を加えて弱火でじっくり一時間程度煮込んでいく。

3.途中水が足りなくなったら水を加えてもよいし、逆に煮汁をなくして味を濃くしてもよい。

4.煮込み終わったらお皿に盛りつけて完成です。

 

コツとしては漬け込む時間を長くするということ。長くすることによってお肉が柔らかくなりジューシーな肉の味が口に広がるようになります。

またナンプラー等を入れることによって独特の風味がつきぐっと本場風に変身します。

どうです思った以上に簡単でしょ? 材料も作り方もいたってシンプル。

明日にでも作って家族や友人に食べさせてあげるのもよいですし、食べて活力をつけるのもよいでしょう。

ここで紹介したアドボの作り方はあくまで一例です。

アドボのレシピは各家庭毎、作り手毎によって作り方が変化しその味わいは全く変わってくる料理なのです。

ある人は酢を少なめに入れますし、またある人は水を残したり、またある人は砂糖をもっと入れて甘酸っぱく仕上げたり等、色々な作り方があります。

ここで私が紹介した以外のレシピも試して作ってみるとさらに新しい発見が出来ると思います。

このアドボだけでなく、様々なお酢の料理を研究してみて自分だけのサワーフードを編み出してみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。