お酢を使ったスイーツ

あなたは料理の「さしすせそ」言えますか?

答えは砂糖、塩、酢、醤油、味噌です。
今日はその中でも甘い物とは無縁に思える酢を使ったスイーツを紹介していきたいと思います。

酢を使ってスイーツなんて出来るの? と思われる方もいるかもしれませんが、実は出来ちゃうんです!

酢は料理の隠し味という脇役ではなく、スイーツになってあたかも主役のように活躍することも出来るのです。

今日はそんな酢を使ったスイーツをいくつか紹介していきたいと思います。

バルサミコ酢

まず簡単なのから。

イタリア生まれのバルサミコ酢を使った物から。

バルサミコ酢はブドウを十二年も超長期熟成させたお酢で、他のお酢とは異なりトロリとした食感とお酢とは思えない独特の甘味とコクがあります。

そんなバルサミコ酢ですからそのままバニラアイスやジェラート、さらにはバナナやベリー系の果実に適量をかけることによっていつものデザートが気品あるリストランテの味に早変わりなんてことも。

さらにバルサミコ酢は煮詰めることによってさらにその甘味とコクが深みを増すので、煮詰めた物を少量かけて食せばまた新しい一面を垣間見ることも出来ると思います。

そして次にもっと面白い料理をご紹介します。

リンゴのコンポート

作り方を紹介していきます。作り方はいたって簡単。

それがバルサミコ酢を使ったリンゴのコンポートです。

コンポートとは果物をシロップやワイン等で煮込んだ料理です。
単なので明日にでも試してみてはいかがでしょうか?

必要な材料

・リンゴ 二個
・赤ワイン ワンカップ
・水 百cc
・グラニュー糖 大さじ三
・バルサミコ酢 大さじ二

作り方

1.リンゴの皮を剥き、四等分くらいにします。あまり小さく切りすぎると食感がドロドロになり果物本来の味わいを楽しめなくなる可能性もあります。

2.鍋にリンゴ以外の材料を入れて火を入れます。グラニュー糖が溶け出したら、リンゴを入れて、紙蓋をして弱火~極弱火で約二十分間程度じっくりと煮詰めていきます。

3.味と色が程よくついたら冷まして粗熱を取り、味を内側までしっかりと染み込ませていきます。

4.完成です。

 

コンポートはそのまま食べても美味しいのですが、アイスやヨーグルトのお供として一緒に食べても大変美味しいですし、また小さく切って他の料理に混ぜたりするのも良しです。

バルサミコ酢は一緒に煮詰めても美味しくなりますが、後から入れてバルサミコ酢の風味を最大限に生かす調理法もあります。
両方試してみて味の違いを試すのも面白いと思います。

バルサミコ酢だけではありません。リンゴ酢やブルーベリー酢等最近では様々な種類の果実酢が販売されています。

これらの果実酢を水で割り、蜂蜜を加えれば暑い夏でもさっぱりと飲めるドリンクに早変わりしますし、かき氷に果実酢に砂糖を加えたシロップをかければそれだけで立派なスイーツに早変わりです。

酢の新たな一面を皆さんもぜひ見つけてみてください。

コメントは受け付けていません。