睡眠不足に取るべき食材ベスト5!

睡眠不足かなと感じたら、積極的に取るべき食材を紹介します。

牛乳

寝る前にホットミルクを飲むと良いそうです。牛乳を飲むと精神を安定させるセロトニンが分泌され、またホットミルクは身体を温める効果もあり良質な睡眠が取れるようです。

ホットミルクの他に牛乳を使ったホットココアも血行が良くなり安眠を誘ってくれるでしょう。

レタス

レタスの茎や芯には快眠作用がある成分が含まれています。

晩御飯の副菜にレタスを取り入れてみるのも良いかもしれません。

胚芽米

胚芽米にはビタミンBやアミノ酸がたっぷり含まれているので、ストレス解消にも効果的です。

胚芽米といえば黒酢の玄米も胚芽です。胚芽米を食べるのが苦手な方は黒酢を取り入れた料理などを作ってみても効果的でしょう。

焼き魚にレモン

レモンにはクエン酸、魚にはカルシウムです。クエン酸はカルシウムの摂取を助けてくれ、疲れも取ってくれます。

大変相性の良い組み合わせでしょう。

それに魚にはDHAという高コレストロールにならないよう作用して血液をサラサラにしてくれる役目もあります。

血液の流れが良くなると疲労回復にも一役買ってくれますので、是非とも積極的に取りたい栄養素の一つです。

豚肉

豚肉にはビタミンB群が含まれています。ビタミンB群も疲れに効きますので、豚の生姜焼きなどで栄養を補給しましょう。

夏場は豚肉と生姜の組み合わせを取り入れた料理が夏バテ防止に良いとされています。豚の生姜焼きだけではなく色々応用が利くレシピになりますので、ネットの料理サイトなどをみてレパートリーを増やして欲しいと思います。

今回は食材ベスト5を調べてみましたが、調べてわかったことは様々な食材をバランス良く取るということです。

栄養のバランスを考え料理を作ることは大変難しいですが、健康の為にもある程度の手間は惜しまず食生活をしっかり整えましょう。

しかし一番の解決策はやはり睡眠不足には睡眠です。

睡眠不足が続くとホルモンバランスを乱し自律神経に影響を与えますので、栄養をしっかり取って、可能な限り睡眠時間を確保する事を心掛けたいですね。

コメントは受け付けていません。