酢の殺菌効果と酸の強さ

皆さんご存知の通り、酢というものは酸性です。

しかし一方で酢には殺菌効果があるとも言われています。

では酢は歯にどのような影響を与えるのでしょうか? 酸で虫歯にするのでしょうか?それとも、菌を殺して虫歯を予防するのでしょうか?

まず、虫歯の仕組みについて簡単に説明しましょう。いわゆる虫歯菌は、食べ物や唾液と結びついて歯に張り付き、歯垢になります。

そして歯垢は糖分と結びついて、酸を出します。この酸が大量に出ると歯が溶かされ、虫歯になるのです。

虫歯になる要因はいくつかありますが、そのひとつには当然、口の中の虫歯菌の量も含まれています。

酢に殺菌作用があるのは事実なので、この面で言えば酢は虫歯予防に一役買うことができる、とも言えます。

しかし、歯垢というものはそう甘くありません。

虫歯菌が集まり強力になった歯垢は、それ自体がバリアのような役目を果たすため、殺菌効果が効きにくくなってしまうのです。

そんな歯垢に有効なのは歯医者くらいであり、酢は虫歯に対して無力となってしまいます。それだけならまだしも、無闇に殺菌作用のあるものを使って殺菌しすぎてしまうといけません。

そうなると、口の中の菌のバランスが崩れてしまい、外からやってきた更に有害な菌が口の中で繁殖してしまう、ということも起こり得ます。

虫歯に対抗するには、やはり歯みがきです。しかしそれ以上に「物を食べる回数を減らす」ことが重要のようです。

歯は、一度に大量の酸で侵蝕されるより、何回も回数を重ねて侵蝕されることに弱いと言います。

間食は控えろ、ということですね。

お酢と虫歯

一方で酢の酸性は、厳密に言うと虫歯とは無関係です。

しかし、酢を含む酸性の物(飲み物が多い)を摂り過ぎると菌と関係なく歯が溶ける症状、いわゆる酸蝕歯の原因となります。

酸蝕歯は、生活習慣病の一種と捉えられています。

今では酸性の清涼飲料水などが多く出回っており、その大量摂取で酸蝕歯が起きることが多いからです。普通なら、酢を大量摂取する、ということにはあまりピンと来ないかもしれません。

ですが、他の酸性のものを大量に摂取した上で酢の入ったものを食べたりした場合などは、その酢の分だけ酸蝕歯の歯を溶かす症状に上乗せされてしまうでしょう。

予防のための一番の手段は、もちろん酸性のもの…ジュースなどの摂取を減らすことです。摂ったのが甘い物なら、先程挙げた虫歯予防にも関係してきますね。

また、酸性のものを摂った後は、水やお茶で歯をすすぐと良いそうです。

更に、酸蝕歯にも歯みがきが有効のようです。ただし、物を食べてから1時間程度は歯が弱くなるため、歯みがきはそれを過ぎてからの方がいいでしょう。

ここまでで、酢を通して虫歯と酸蝕歯の話をしてきましたが、いかがだったでしょうか?

恐ろしいパターンもいくつか紹介させていただきましたが、それは両方「やりすぎた」場合です。

対策さえ取っていれば、普通に酢を摂る程度など、全く問題無いでしょう。むしろ、殺菌効果を始めとした酢の長所を活かせば、より健康な体を作ることもできるはずです。

これを機に、一度酢との付き合い方を考えてみるのはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。