お酢の賞味期限

お酢は発酵させて作られる液体調味料です。

ですから賞味期限にあまりこだわっていない方も多いですが、お酢にもきちんと賞味期限が定められており、開封前と開封後では保存できる目安となる期間も変わってきますので注意が必要です。

穀物酢や米酢、リンゴ酢などお酢にも様々な種類がありますが、それぞれの製品のラベルなどに賞味期限が表記されているはずですので、購入時や使用前にきちんと確認しておく必要があるでしょう。

穀物酢や米酢などに関しては一般的に製造から2年後が賞味期限とされており、開封後は賞味期限内で半年~1年で使い切るようにと言われることが多いようです。

酢の賞味期限をご確認ください

開封後は冷暗所、または冷蔵庫で保存しなければなりませんが、冷暗所での保存ならば約半年で冷蔵庫での保存なら約1年ほどで使い切るのが理想です。

もちろん、あくまで賞味期限内での話であり、賞味期限まで半年以内で開封した場合には、決められた賞味期限内で使いきるようにしましょう。

また、リンゴ酢などの果実酢にも当然ですが賞味期限が定められています。

商品により異なりますが、だいたい製造から1~2年という場合が多く、穀物酢と違ってサワードリンクなど飲み物での利用が多くなるため味が劣化すると利用しづらくなりますから、開封後の保存の状態には注意したいところです。

開封後の穀物酢は冷暗所または冷蔵での保存が普通ですが、リンゴ酢などの果実酢に関しては冷蔵庫での保存が一般的です。

酢は発酵させてあるもので、防腐作用など強い働きを持っている調味料ですから腐ってしまうということはないのですが、法律で決められているので2年という賞味期限が定められています。

ですので、2年経ったものが突然食べられなくなるということではありませんが食用として使用する際にはやはり賞味期限を守って、安心しておいしく食べることが大切です。

保存の仕方によっても風味や状態は変わってきますので、おいしく食べられなくなってしまったものや、白い膜が張ってしまったものなどは、食用以外で活用するということも考えてみてはいかがでしょうか。

コメントは受け付けていません。