お酢ごとの違い

「酢」と一口に言っても、お酢の中でまた様々な種類に分かれており、それぞれ特徴や効果、味などに違いが出てきます。

種類の違いは酢が作られる際の原料や作り方の違いによるもので、一般的によく知られている有名なものから「そんなものまで」と思うような原料を使用したものもあり、その奥深さを実感できるでしょう。

 酢は大きく分けると「穀物酢」「果実酢」に分類されます。

さらに細かく分けると、穀物酢の中でも麦などの穀物を原料とする「穀物酢」米を原料とする「米酢」さとうきびを原料とする「きび酢」と分けることができます。

その中でも米酢はさらに玄米酢や黒酢、香酢と種類分けされており、それぞれ有効成分の量などにも違いがあります。

また、果実酢に関してもリンゴから作られる「リンゴ酢」ブドウから作られる「ブドウ酢」イチジクから作られる「いちじく酢」などに分けることができます。

そして果実酢であるブドウ酢のなかでもワインビネガーやバルサミコ酢などさらに分類が細かくなります。

他にも、梅を原料とした「梅酢」泡盛からできる「もろみ酢」など挙げればきりがありません。

こうした酢の種類によって、酸味の強弱やうまみ、アミノ酸の量などの違いがあり、好みや用途で使い分けることができるのです。それぞれの酢の特徴をみていきましょう。

穀物酢

特徴としては、安価で一番ポピュラーなものなので加熱調理用、あるいは掃除や除菌など食用以外にもよく利用されています。

米酢

酢の物など酢の味そのものを味わう料理や、寿司などの日本料理に最適とされている酢で、米の甘みやコク、まろやかさなどの特徴があります。

黒酢

米酢の仲間である黒酢は米酢を長期間熟成させたもので、アミノ酸などの健康効果で注目されるようになり、様々な料理に幅広く活用されています。

香酢

中国の黒酢と言われており、同じように長期間寝かせた酢ですが、材料は地域によっても違いがあります。

漢方の材料を加えることもあれば雑穀を加えたり、もち米やコーリャンなど玄米以外のものも多く含まれることもあり、独特の香りがあるのも特徴です。

 ダイエットに効果的ということで注目されています。

きび酢

さとうきびから作られるお酢で、健康効果が期待できると言われています。
原料はさとうきびだけで、ミネラルやポリフェノールを多く含むほか、オクタコサノールという脂肪燃焼効果などで知られる成分が含まれています。

リンゴ酢

アメリカではポピュラーなお酢で、リンゴ特有のフルーティな香りが特徴です。

果実酢なので当然といえば当然ですが、穀物を原料に加えていないためアミノ酸は含まれず、その代わりにカリウムが豊富です。

血圧の安定や整腸作用などの効果が期待できます。

ワインビネガー

ワインと同じくブドウ果汁を主原料とし、ワインと同じように赤、白と色の違いもあります。

整腸に効果的な酒石酸のほか、赤ワインビネガーはポリフェノールを豊富に含んでおり、フランスでは一般的な酢です。

バルサミコ酢

イタリアンなどでよく使われるバルサミコ酢はイタリアで主に作られており、甘みの強いブドウを熟成して出来上がります。独特の味わい深さから、料理の仕上げなどによく用いられます。

 

このように、酢の中でも作り方や材料、使われ方にも違いがあり、それぞれに適した利用方法を知ることで健康や美容、生活のちょっとした場面でも活用できる幅広い食品です。

コメントは受け付けていません。