お酢とアミノ酸の関係

お酢の有効成分といえばアミノ酸を思い浮かべる方も多いのではないのでしょうか。

アミノ酸飲料の発売などもあり、今や誰でも知っている栄養素ですが、一口にアミノ酸と言っても自然界に存在するその種類は 500 とも言われています。

そもそもアミノ酸とはどのような物質で、どのような働きを持っているのでしょうか?この記事では、アミノ酸とお酢の関係についてお話しします。

そもそもアミノ酸とは

食物を食べ、肉や魚などのたんぱく質を摂ると消化酵素の働きによってアミノ酸に分解されます。

アミノ酸は体内で代謝を促進し、肝臓や胃腸の機能を向上させ、血流を良くし、睡眠を助け、筋肉の材料となり、免疫力をアップさせ、身体の機能を整え・・・と大変重要な役割を担っています。アミノ酸がないと人間の身体は成り立ちません。

人間の身体に必要なアミノ酸は全部で 20 種類あります。それは「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」のふたつに大きく分かれます。

ところで、たんぱく質から間接的にアミノ酸を摂取するのに、何故わざわざお酢からアミノ酸を摂取するのでしょうか?

それはたんぱく質そのものを摂取することより、アミノ酸を直接摂った方がずっと早く体内に吸収されるからです。

アスリートなどがアミノ酸を摂る理由もこの辺りにあります。

必須アミノ酸とお酢

必須アミノ酸とは人間の体内で合成することの出来ないアミノ酸のことを指します。その為、必須アミノ酸は食物から摂取するしかありません。

必須アミノ酸には、バリン、ロイシン、スレオニン、イソロイシン、ヒスチジン、リジン、メチオニン、フェニルアラニン、トリプトファンの全部で 9 種類があります。そしてこの一つひとつが身体に対する働きが違っています。

お酢の種類によって、その含有量は異なりますが、例えば、一般的にサプリメントによく使われる黒香醋は必須アミノ酸 9 種類全てがバランス良く含まれています。

非必須アミノ酸とお酢

非必須アミノ酸は必須アミノ酸の逆で、体内で合成することが出来るアミノ酸です。しかし、だからと言って、積極的に摂る必要がないという意味ではありません。

摂取したたんぱく質全てがアミノ酸として利用される訳ではありませんし、非必須アミノ酸自体にも様々な働きがある為です。

アミノ酸はたくさん摂り過ぎたからと言って弊害が出る成分ではありません。

過ぎた分は排泄物として体内から流れ出ていくので、安心して取り入れていただいて大丈夫です。

非必須アミノ酸は全部で 11 種類。アルギニン、グルタミン酸、グリシン、アラニン、セリン、アスパラギン酸、チロシン、プロリン、グルタミン、アスパラギン、システリンです。黒香醋にはこれら成分が全て含まれているという訳ではありませんが、ほぼモーラしています。

特にアルギニン、アラニン、グリシン、プロリン、グルタミン酸、アスパラギン酸は顕著に多く含まれています。

必須アミノ酸とは

アミノ酸の中でも体内で合成することが出来ないものを必須アミノ酸と呼びます。人の身体にとっての必須アミノ酸は全部で 9 種類。お酢にはこの 9 種類が全て含まれています。

今回のコラムでは必須アミノ酸のそれぞれの働きについて解説します。

バリン、ロイシン、イソロイシン

バリン、ロイシン、イソロイシンは BCAA(分岐鎖アミノ酸)を構成するアミノ酸です。BCAA は主にたんぱく質の分解や筋肉の強化、疲労回復に関わります。

この 3 つのアミノ酸をバランス良く摂らなければダイエットや筋トレは成功しにくいでしょう。

バリンとは筋肉の成長や疲労回復に関わるアミノ酸です。たんぱく質が代謝された際に発生する窒素のバランスを整えるので筋肉に非常に関係があるのです。

運動前は燃焼されるエネルギーに、運動後は疲労回復に使われます。

ロイシンは筋肉を鍛えたい方にお勧めのアミノ酸です。1 日に必要な量が必須アミノ酸の中で一番多い成分です。

インスリンの分泌を促進する働きがあるので、ブドウ糖の吸収を良くします。また、肝機能を高める効果もあります。

イソロイシンは疲労回復のアミノ酸です。また神経の働きを助け、血管を拡張させたり、肝機能を高める働きがあります。

ブドウ糖であるグルコースが繋がった状態であるグリコーゲンを貯蔵しておく働きがあります。

スレオニン、ヒスチジン、メチオニン

スレオニンとは必須アミノ酸の中でも最も近年発見された成分です。身体の成長を促進する作用があります。

また、コラーゲンを合成する材料ともなるので美肌効果が期待出来ます。さらには代謝を高め、脂肪肝を予防します。

ヒスチジンは子どもが体内で合成出来ないアミノ酸です。その為、子どもたちの発育に欠かせません。

美容面ではシミ・そばかすに対して効果があると言われています。またストレスを軽減するような役割もあります。

ヒスチジンが分解されたものがヒスタミンです。この名称を耳にされたことがある方も多いかと思いますが、アレルギーなどの原因となる成分です。

メチオニンにはヒスタミンを抑制する働きがあります。抗うつ剤としての効果も認証されています。不足すると利尿機能が低下します。

リジン、フェニルアラニン、トリプトファン

リジンはたんぱく質を組み立てるのに必要な栄養素です。さらにブドウ糖の代謝やカルシウムの吸収、免疫力にも関わる成分です。

リジンが不足すると貧血や吐き気などの症状が現れることがあります。また肝機能が低下する原因にもなります。

フェニルアラニンは神経伝達に必須のアミノ酸です。

体内で興奮に関わる物質ノルアドレナリンとドーパミンに変換されます。

抗うつ作用があり、また偏頭痛などの鎮痛作用があるとされています。

トリプトファンは脳に運ばれセロトニンという物質を生み出します。セロトニンは精神安定の伝達物質です。

その為、トリプトファンには不眠症やうつ病への効果が知られています。その他、免疫力を高め、更年期障害やガンの予防効果が期待されます。

体内で合成することができる非必須アミノ酸とは

アミノ酸の中で体内で合成することが出来るものを非必須アミノ酸と呼びます。体内で合成出来るなら、特に食品から摂取しなくても良さそうですが、そういう訳ではありません。

まず、取り込まれたたんぱく質が全てアミノ酸に合成される訳ではありません。

また、非必須アミノ酸を摂取することで、即効性に繋がります。今回はお酢に多く含まれる非必須アミノ酸を紹介します。

アルギニン、アラニン

アルギニンは肝臓内で合成されるアミノ酸です。通常は敢えて摂る必要はありませんが、ストレスがかかる状況や怪我の修復時、病原菌を退治する時などに摂取しなければいけません。

その他、脂肪燃焼や精力強化、血流改善の効果もあり、流行りのエナジードリンクの多数の商品にもメイン成分として配合されています。

成長ホルモンを分泌させ、代謝や回復を高める効果もありますので筋トレなどにもお勧めです。アラニンはアルコールの分解を助けるアミノ酸です。

その為、二日酔いに効果があると言われていて、アルコールを摂取した翌朝しじみ汁を飲むのはアラニンを多く含んでいるからです。

さらに人の身体はグルコースを分解することで、運動時にエネルギーを生み出しますが、アラニンはグルコースを分解する作用も促進します。トレーニング時にお勧めの
栄養素です。

グリシン、プロリン

グリシンは睡眠に関わるアミノ酸です。人は睡眠に入ると手足などの末端の温度が上がり、身体の中心部の体温は下がるようになっています。

グリシンは血流を良くし、その結果、末端に熱を運び、身体の中心部の温度を下げるような働きを持っています。

その為、グリシンを摂った方が眠りにつきやすい、睡眠の質を改善するといった実験結果も出ています。

また、抗酸化作用を持ち、その上コラーゲンの 1/3 を構成しているので、美肌効果もあります。

プロリンは皮膚に関わるアミノ酸です。プロリンは下記で説明するグルタミン酸から合成され、コラーゲンの代謝を正常化する作用があります。

その為、美肌はもちろん、コラーゲンは関節にある軟骨の主要成分ですので、関節痛を改善する効果があります。

グルタミン酸、アスパラギン酸

グルタミン酸は大豆や小麦に多く含まれるアミノ酸です。出汁に含まれる「旨み」成分の素としても知られています。

アンモニアが体内に入ると脳の働きが低下しますが、グルタミン酸にはアンモニアを低くさせる働きがあり、利尿作用を促進します。

その際、酸性度を調整する為に合成されるのが、非必須アミノ酸のグルタミンです。グルタミンには代謝を良くしたり、免疫機能を改善する効果があります。

アスパラギン酸もまた、アンモニア低下作用があります。アスパラギン酸の場合は尿の合成を促進する働きがあります。

その為、アンモニアを体外へ出し、アンモニア量が減るのです。その他、スタミナや肝機能の強化などの役割もあります。

コメントは受け付けていません。