お酢の食べる以外の利用方法

お酢は調味料ですが、その利用範囲は食べるということだけではありません。

生活のいろいろな場面で活躍してくれますので、使い切れないたくさんのお酢や賞味期限切れ間近の少しだけ余ってしまったお酢などがある方はぜひ活用してみてください。

食べる以外のお酢の活用方法のなかでも、主に掃除や調理器具の洗浄などの使い道がよく知られています。

お掃除とお酢

例えばキッチン周りでは、お湯とお酢を霧吹きに入れて作った簡易的なスプレーでシンクを掃除するとぴかぴかに仕上げることができます。

他に換気扇やレンジなどはとても頑固な油汚れで掃除も大変ですが、シンクに使用したスプレーと同じものを吹きかけて少し時間を置くことで油汚れを浮かせる効果があるので、さっとふき取るだけできれいになります。

おこげとお酢

鍋が焦げ付いてしまって洗ってもなかなか取れないということもよくあるかと思いますが、そういった場合にも酢を適量振りかけて少し待つと焦げが柔らかくなり簡単に落とせます。

おなじく落ちにくい湯飲みの湯垢も、漂白剤などを使用しなくても酢を混ぜた水に数時間浸けておくことで汚れがきれいに落ちます。

ほかにもまだあるお酢の活用法

キッチン以外にも、車の窓ガラスのくもり止めとしても使用できます。

カーペットやマットなどにしょうゆやケチャップなどの取れにくい汚れをつけてしまった場合にも雑巾に酢を含ませてふき取れます。

配水管のぬめりや嫌なにおいなども酢と水を混ぜたものを吹きかけて洗うと取れたり、いらなくなった布などに酢を染み込ませて洗面台を拭くときれいになるといった、いろいろな場所の掃除に利用できます。

お子さんのいらっしゃる家庭では壁に落書きをされてしまったり、いたるところにシールを貼られてしまってきれいに剥がれないなどのお悩みもよく耳にします。

こういったものも落書きならボールペン、シールならメーカーや種類によりますが、酢で拭くと落ちるものがあります。

また、掃除だけではなく美容面でも活用することができ、石鹸シャンプーの後には酢でリンスをするといった利用の仕方をしている方もいます。

調味料ということで、今まで食用としてしか利用していなかったという方もたくさんいるかと思いますが、これらの利用方法を覚えておけば生活の中のちょっとした困りごとも、お酢の力で乗り切れるかもしれませんよ。

お酢パワーでカビ菌退治

皆さん、毎日の生活にエコは取り入れていますか?

そもそもエコといっても人それぞれの捉え方があり、地球環境の保護や家計の節約の為など解釈は大なり小なり違うようです。

ですが解釈に相違があったとしてもエコをモットーに生活する意識は地球で暮らすわたし達の未来に向けて今、必要不可欠になっているのではと思います。

エコライフの一つに「ナチュラルクリーニング」という言葉があるのをご存知ですか?
それは体に有害で環境汚染をする化学洗剤を使わずに、安心な自然派素材を使って掃除や除菌をすることです。

そうすることで地球環境保護はもちろんのことアトピーや喘息などのアレルギー症状にも良い影響を及ぼします。

酢の殺菌力

そこで注目されてきたのは、自然環境や身体にも優しく掃除や除菌の分野で驚異的な効果を見せる酢の存在でした。

酢は天然素材なことからナチュラルクリーニングをする際の代表的な素材として取り上げられ、 化学洗剤より安価で購入することも重なりまさにエコライフの必需品になっていきました。

酢はそれまでも美容効果、健康促進などの理由から多くの人に愛用されており、殺菌・除菌作用にも優れている事から食中毒・カビ対策などにも効果絶大と言われています。

酢の中に4%含まれている酢酸という成分が殺菌の働きをします。 酢酸の分子には有機酸の中で最も高い抗菌力があります。

更には食物中のタンパク質を変性させる働きがあるのです。

食物を腐敗させる菌(微生物)の多くはタンパク質から出来ています。

そこで酢の力でタンパク質を変性させる事により菌の増殖を抑える効果があるのです。

例えばマヨネーズが、 卵などの傷みやすいナマモノを材料にしているにも関わらず賞味期限が長い理由は、 保存料などを使っているからではなく、卵の成分の表面を酢と油が覆っているからなのです。

寿司で使う酢飯も、もともとは魚介類などのナマモノの殺菌が目的でした。

生の食材は水で2~3倍に希釈した酢で洗うと傷みにくくなり、 夏場のご飯も炊飯器の中へ酢を少々加え炊くと静菌作用が働きます。

更にまな板や調理器具など台所用品も自然の抗菌剤といわる酢を使えば安心して菌の繁殖を防ぐことができます。

酢水スプレー

そして日頃の掃除・除菌に役立つのが酢水スプレーです。

スプレー容器に水で2~3倍に希釈した酢を入れるだけの簡単なものです。

これ一つあればキッチンの水アカ取りからフローリング拭きやお風呂場のカビ予防まで 幅広く使えます。

そして忘れていけないのは洗濯槽のカビ取りです。

洗濯槽の裏側は見た目には分かり辛いので水垢やカビが溜まることが多いです。

しかも手入れをしないと洗濯した衣類やタオルなどからカビ臭がしたりカビそのものが剥がれ落ちて洗濯物に付く場合もあります。

洗濯槽洗浄用の合成洗剤もありますが、 それは環境に悪いだけでなく洗濯機の消耗が早まるとも言われています。

そこで、やはり活躍するのが酢なのです。

やり方としては、 高水位の状態で酢を2,3カップ投入し そのまま1,2時間おきます。 あとは脱水してすすぐのみです。

天然素材なので二度すすぐ事も必要ありません。

今ある資源を大切に・・・ これもまたエコな暮らしの一つですね。

お酢の消臭効果は効く?そもそもお酢で消臭とは?

消臭に関して、ミョウバンなどで足の臭いをとる、といった方法がありますがミョウバンと酢が共通している点、それは【酸性】ということです。

それにミョウバンと比べてお酢ならどの家庭にもありますし使いやすい、といった点ではかなり便利です!

寒い日に蒸れる足の臭い

自分の足が臭い、と感じたことはありませんか?寒い日のブーツや雨の日など、靴の中の湿度はもはや100%と言われるほどです。

そんな日に友人と外食をして、たまたまお座敷だった!なんてことがあったら不安でご飯も喉を通りません。

そんな悩みを今回、お酢で解決できないかと考えました。

お酢の消臭パワー

さて、お酢で足の臭いは本当に消えるのか?と言う疑問ですが主に臭いの原因は足についたバクテリアの排泄物や雑菌などです。

酸性のお酢はこの皮膚の常在菌にとても強く、お酢で消毒すると雑菌は死滅してしまいます。

3STEPで簡単!足の殺菌方法

まず、用意するものは
・お酢(食用のものでOK)
・お湯(熱めがおすすめ)
・両足が入るくらいの容器(足湯に使います)
たったこれだけです!

1.容器にお湯を入れます
2.コップ一杯分のお酢を注ぎます
3.5~20分ほど浸かります

時間が経ってから足の臭いを嗅いでみると・・・まずお酢のにおいがつんとすると思うので一度せっけんで洗い流してください。

いかがでしょうか?臭いはかなり抑えられていると思います。

うれしい足湯の効果!

殺菌され臭いが抑えられるだけでなく、足湯をすることで自律神経が安定しリラックス効果が得られ、さらに発汗作用によりデトックス効果も期待できます!身体にうれしいことだらけですね。

その他、足の疲れがある場合、ゴルフボールを2つ沈めて足裏でごろごろするともっと気持ちよくなれそうです!

入浴用の木作酢

足湯じゃ間に合わない・・・もっと本格的に消臭したい!という方には湯船に直接入れるタイプの木作酢をおすすめします。

字の通り木のお酢なのですが炭を作った際に出た水蒸気を液体にしたものです。なので独特な燻したような香りがあります。

ガーデニングなどにも使われることがあるようですが、消臭効果もとにかく抜群です。

自分の体臭が気になるな、さらに、水虫が・・・と悩んでいる方はぜひ試してみてください。
ただし、必ず入浴用の木作酢で、あまり濁りがないほうが良いです。

いかがでしょうか?足湯は臭いが気にならなくともやりたくなりますが、木作酢は血行を良くして美肌効果もあるのでとてもおすすめです。

臭いはマナーです。

気付かないうちに距離を置かれる前に、先に対策を取っておくのも手かもしれません。

酢は掃除でも大活躍!

掃除は主婦の仕事とはいえとても厄介なものです。掃除が趣味のような人は毎日が楽しいですが苦手としている人は毎日困り果てています。

特に水周りの掃除はちょっと間を置くだけでしっかり汚れています。

梅雨の時期や湿度の高い日はヌメリ、カビが簡単に生えてしまうのです。

カビは一度生えてしまうと増殖が速いです。気付いた時にはどうしようということになるのです。掃除の苦手な人はここでもう駄目だと諦めてしまう人もいます。

でも、そんな時は酢を使いましょう。

酢を使ってお掃除

洗剤よりもずっと値段も安いですし自然素材なので手に優しいです。

毎日のこととなるとちょっとでも安くて手肌に優しいものを使ったほうがいいですね。

手湿疹や荒れて皮膚がごわごわになる主婦が増えているように市販の洗剤は洗浄力は強いかもしれませんが肌にはとても怖いものです。

台所のシンクがかなり汚れているときはキッチンペーパーを酢の原液に浸してそのまま汚れの目立つところに置きます。酢を水あかやカビの中まで浸透させるのです。

10分から20分置いてキッチンペーパーをとるときに水あかやカビも拭きとるようにするとスルッととれます。

そのあと酢を水で薄めたもので軽く拭き取れば抗菌、消臭効果もばっちりになります。

酢1:水3ぐらいの割合で酢水をつくるといいようです。100均で売っているプラスチックのスプレーを用意して酢水を入れて使うと便利です。

毎日使うまな板も見た目は綺麗でも包丁で傷ついた表面から黴菌が入っている可能性があります。

何日かに1回、酢で抗菌すると安心です。汚れた手で触る冷蔵庫の取っ手などもよく拭いて抗菌しておくべきです。

酢は消臭効果も強くあります。酢自体、ツンとした酸っぱい匂いがしますがそれは数時間で消えます。

生ごみの匂い、トイレの匂い、煙草の匂い、靴箱の匂いなども消えるのです。

原液の酢を浸した雑巾で生ごみ用ゴミ箱を拭いたりトイレ掃除をしたり灰皿に酢をたらしておくのも効果があります。

また、洗濯物の除菌、消臭もしてくれます。

梅雨の時期はせっかく洗濯したのに生乾きの嫌なにおいが消えません。

生乾きの匂いは一度気になるとどうしても嫌で洗剤を多くしてもう一度洗い直しという人も多いです。

洗濯物に酢をかけるの?と抵抗あるかもしれませんが洗濯機に入れた洗濯物をすすぐときに酢を大匙3ぐらい加えると除菌、消臭作用が働いて嫌なにおいがしないのです。

毎日酢を入れていると洗濯機自体の掃除にもなり水あかや匂いがつきません。

酢は料理に使うだけでなく掃除にも大活躍するのです。

掃除するときに酢のツンとした匂いが気になる場合は、アロマオイルや精油、エッセンシャルオイルを入れて自分の好きな香りにして使うと掃除も楽しくなりそうです。

好きな香りであれば部屋中掃除しても気持ちがいいですね。

是非、酢で掃除をしてみましょう。

防腐・防菌効果のある酢

今や言わずと知れたお酢の効能。

あたり前ですが、基本的な使い方は調理に使うものです。

しかしながら、お酢はそれだけに留まらず防腐・防菌効果があるという理由から、実に様々な使い方もされるようになってきています。

一体全体誰が試そうと思ったのでしょうね。 というわけで今回は、調味料としてのお酢ではなく、別の使われ方を少しみていきたいと思います。

冷蔵庫がまだ無い時代、食物を長持ちさせるために、お酢や塩を使用してきました。

たとえば日本では魚の酢締め、寿司も元々はそういった理由から作られたもので、またマヨネーズなんかも材料がほとんど生(卵など)なのに長期保存が可能なのは、中にお酢が入っているからと言われています。

これらのように、生ものを保存させる防腐効果に非常にすぐれており、これらは菌の増殖を抑える意味につながります。

例えば、一日中下痢や嘔吐が続く食中毒の原因となる、サルモネラ菌、ブドウ球菌、大腸菌などの抑制に期待がもてます。

これらの微生物はタンパク質できていて、お酢にはタンパク質を変成させる力があります。

そしてこれが、お酢に殺菌効果があるといわれるゆえんです。

看護系大学の研究室で研究されているお酢

ところ話が変わって、ある看護系大学の研究室で上記のようなお酢の殺菌能力を現場で利用できないか、という研究を行なっている方がいらっしゃいます。

コンセプトとして、在宅しながらも身近な道具で様々な消毒ができることは非常に有意義であって、高齢者からすると一般的に消毒で使用されている70%エタノール綿の方より馴染み深く、受け入れやすいのではないかという理由からとのことです。

また、アトピー性皮膚炎のように70%エタノール綿では使用に注意をようする場合にも代替品として可能ではないか、という理由もあげています。

実験方法としては、食酢綿(100%原液食酢)と70%エタノール綿で、肘部を消毒(一般的な静脈注射、採血で行われる部位)。

20~40秒乾燥させたのち、だれもがもっている一般細菌、表皮ブドウ菌がどれくらい生存しているかで比較します。

実験結果としては両者ともに同程度の殺菌作用が確認されました。 これは食酢でも代替が可能なことを意味しています。

もちろん、実験は実験であり、実際に使えるようになるまで様々な基準に達する必要があるので、一概には良いとはいえません。

しかし、殺菌作用が高いことには変わりなく、科学的に証明された実験結果の一例になると思います。

また人体向けではありませんが、今現在では消毒用のお酢が販売されており、たとえばSSV(加工酢)という酸度10%程度の商品が市場に出回っています(ちなみに食酢は4~5%程度)。

基本的には野菜や果物の前処理として、色や風味を損なうこともなく、表面に付着している細菌を減らすことが可能です。

醸造酢を主体とし、食品に混入しても問題なく、匂いもありません。

また、米飯用の加工酢も売られており、品質の向上、日持ちする効果が期待できる加工酢もあるので一度試してみてはいかがでしょう。

お酢には本当に色々な使い方がされています。

例えば、おにぎりにお酢を混ぜて日持ちさせる。 ハンバーグに混ぜたら、コクが出てジューシーになる。 ごはんを小さじ1のお酢を入れて炊く。

しまいには、風邪のときには酢水と塩を混ぜたもので、うがいすると効果があるなんていうのもあります。

もし機会があったら、あなたも消毒用のお酢を、生活の一部に取り入れてみてはいかがでしょう。

コメントは受け付けていません。