今妊婦に注目されているドリンク、「黒酢」

妊娠中は、胎児の為にあらゆる食品に対し気遣う事があると思います。また、非妊娠時とは異なり、日常で必要とされる栄養成分も異なります。
なかでも必須アミノ酸は妊娠初期に必要と言われており、そんな時に必要な成分が、「必須アミノ酸」です。

黒酢と普通のお酢って、どう違うの?

普通のお酢と黒酢は、精製方法から含有成分まで全てが異なります。

一般的に用いられる「お酢」は、精米に特殊な菌を加え、アルコール発酵させることで作られます。それに対し黒酢の成分は玄米。甕壷で醸造され、伝統的な方法で精製されます。熟成期間が1年から3年と手間が掛かる分、値段も黒酢の方が高くなります。

お酢そのものが、疲労回復や血行促進に対して高い効果を発揮しますが、黒酢には更にビタミンや必須アミノ酸など栄養素の含有量が多く、妊婦には推奨されるのです。

妊婦と必須アミノ酸と効果

妊婦と新生児に必要な成分として、「必須アミノ酸」があります。これは、赤ちゃんの成長を促す大変重要な栄養素で、たんぱく質の中に多く含有されており、この必須アミノ酸を摂取しなければ、身体は成長しないとまで言われています。

人間の身体を作っていくうえで、必要なアミノ酸の数は20種類。そのうち、体内で合成することが出来ないアミノ酸が9種類あります。身体の機能を正常に保つうえで必須アミノ酸は欠かせない存在で、これが不足してしまうと、疲れが溜まりやすくなったり、免疫力の低下、だるさ、食欲不振などを伴いやすくなってしまいます。

効率的に黒酢を摂取するには?

妊婦にだけでなく、一般的にも黒酢は便秘解消や美肌促進、胃もたれ解消の働きがあり、黒酢の働きは注目されています。効率的に黒酢を摂取していくには、やはり毎日少しづつでも定期的に黒酢を摂取していくことが大切です。理想の摂取の仕方は以下になります。

1・食べ物に混ぜる

調べてみると、意外と黒酢を利用した料理が多いことがわかると思います。酢の物や炒めものなどに、密かなコクを出す事が出来るのが黒酢。特に中華料理との相性は抜群で、私達が普段摂取する身近な料理に幾らでも用いることが出来ます。

2・ソーダなどで飲用

においや味にクセのある黒酢、苦手なイメージを持つ方も多いようですが、近年は味が整えられ、飲みやすくなっているものも目立ちます。実はソーダやジンジャエールなどとも相性が良く、また、スムージーの隠し味としてもいい働きをします。

3・黒酢ミニパック

200ml程度の黒酢ミニパックを箱買いし、定期的に飲用している妊婦さんも多いようです。疲れが溜まりやすい現代、非妊娠者でも定期的に黒酢は摂取したいものですが、黒酢が苦手な方でも、せめて妊娠中だけは、このようなミニパックで毎日黒酢を摂取することをお勧めします。

コメントは受け付けていません。